ライフスタイル本 人生

良い「ほめ方」の6つのコツ!褒めを制するものが人間関係を制する!

ほめるって難しいですよね…。

可愛い子に安直に「かわいいね」なんて言っても、言われ慣れてて喜ばないですからね。社交辞令みたいな扱いですよね。


でも、「ほめる」って上手く使えるようになると、めちゃめちゃ得をするんです。


ほめるのが上手い人って、言い換えると、

相手の自尊心を満たすのが上手い人のことなんです。

【自尊心】
自分を優秀な者だと思う気持ち。


ほめ上手な人といると「自分がすごい人・必要とされてる人」と思わせてくれるので、相手を喜ばせることができ、気持ちよく過ごすことができます。

そして、「ほめ上手な人」のことが自然と好きになって、一緒にいたいと思うようになります。


このほめる技術は、「相手に自分を好きになってもらう」技術でもあるんです。

  • 好きな人に振り向いて欲しい
  • 上司に気に入られたい
  • 友達と楽しく遊びたい

このように人間関係が円滑にしたい人は、身に付けておいて損はない技術です。


この記事では、

  • 良い「ほめ方」に必要な6つのコツ

を紹介していきます。


ほめることの重要性

「ほめること」は人間関係をスムーズにすることだけではありません。


水野敬也さんの著書「夢をかなえるゾウ」では、このように書かれています。

人は、自分の自尊心を満たしてくれる人のところに集まるんや。

人の自尊心が満たせて、人から応援されて、押し上げられるようなやつが成功していくんや。

水野敬也 「夢をかなえるゾウ」


もし、相手の自尊心を満たすような、良い「ほめ方」ができるようになれば、

  • あなたの周りに人が集まるようになる
  • 人から応援される・助けてくれる
  • 人生をいい方向に進める

人間関係を円滑にするだけでなく、あなたの夢や目標を達成することにもつながるんです


成功したいんやったら絶対誰かの助けをもらわんと無理やねん。そのことを分かってたら、人のええところ見つけてホメるなんちゅうのは、もう、なんや、大事とかそういうレベル通りこして、呼吸や。呼吸レベルでやれや!二酸化炭素吐くのと同じくらいナチュラルにホメ言葉言えや!

水野敬也 「夢をかなえるゾウ」

私も、これぐらい当たり前にほめることが出来るようになりたい!と思って、人と会話する時には意識しています。


結局は練習量ですからね!相手のいいところをどんどん見つけていきましょう!


良い「ほめ方」に必要な6つのコツ

コツは、この6つです。

ほめ方の6つのコツ!

  1. パッと見て印象に残った部分を、すぐほめる  
  2. 相手の気づいていないギャップをほめる
  3. 人生の転機を迎えている人には敬意の言葉を
  4. 影響力がある人には、その人のおかげで変わったことを伝える
  5. 相手の大事にしている心(誇り)をほめる
  6. 性質が違う言葉を組み合わせてほめる


これらのほめる技術は、

よないやま ももこさんの著書「ほめ活で人生すべてうまくいく」で紹介されています。

私も読んだ時、すごく納得した6つのポイントだったので、気になる方はぜひ手に取ってみてください!


パッと見て印象に残った部分を、すぐほめる 

先ほど、「呼吸をするようにほめる」ぐらい当たり前に、ほめられるようになるべき!という話がありました。

この1つ目の「ほめ方」はその練習になります。


初めて会った相手に意識して「いい部分」がないか観察します。

そして、思いついたことをすぐに伝えるんです。


そうすることで、相手はあなたに対して喜びの感情が芽生えて、いい関係が始まります。

見るポイント

  • 外見や身なり
  • アクセサリー
  • バッグ
  • くつ

などを見て、相手が喜びそうなワードを言いましょう。

注意ポイント

この時、「顔が可愛い」「スタイルがいい」など安直なワードは言われて嫌な人もいるので、避けたほうがいいです。


基本的にアイテムが無難だと思います。

「そのバッグの色、今の季節に合っててオシャレだね」

みたいな感じで、相手のこだわっている部分を当てられたらバッチリですね!


相手の気づいていないギャップをほめる

相手の印象やイメージとは違う魅力を伝えましょう。

伝えるポイント

  • その人自身も気づいていなかったこと
  • わかっていても、あまり表に出していないこと


それを見つけてくれると嬉しいんです。


「〇〇さんって普段ノリ良くてみんなと飲みに行ってるけど、実は裏でめっちゃ努力してるよね。」

あまり、みんなには見せていない一面に気付いて、そこをほめてもらえると、

「この人は自分のことをよく見てくれているんだな」

って嬉しくなりますよね。


相手に良い意味でギャップを感じた部分があれば、伝えてみましょう。


人生の転機を迎えている人には敬意の言葉を

就活だったり、転職だったり、海外移住だったり。

人生には、大きな選択をしないといけない時が必ずきます。


そういう時に相手は、

  • 不安・迷い
  • 緊張
  • 期待

など多くの思いを巡らせています。


そんな相手に対して、喜んでもらえる言葉は、

伝えるポイント

その選択をしたことに対する敬意を表すことです。


あなたでないと、それはできないことなんだよ。

ということを伝えましょう。

「不安かもしれないけど、新天地で頑張るあなたを私は尊敬するよ」
「海外で住むなんてすごいね!私にはできないよ!」

背中を押してあげることで、相手は自信をもって前に進むことができるようになるでしょう。


影響力がある人には、その人のおかげで変わったことを伝える

上司や恩師、先生など影響力のある人には、その「影響力を肯定する」ほめ言葉を伝えましょう。


伝えるポイント

あなたの影響で私は〇〇ような良い変化が起きました!

「ほめる」というのは、相手の自尊心(プライド)を満たすことです。

上司は部下を育成すること、先生は生徒を育成することにプライドを持っています。


そのプライドを満たすには、

「あなたの育て方で私は変わることができた

という伝え方がベストです。

「部長のおかげで、私は仕事に対する考え方が変わりました!」
「生徒に真剣に向き合う先生を見て、私は将来先生を目指すことに決めました!」

自分の力で「相手をいい方向に変えることができた」という喜びは誰にでもあることですが、影響力のある人だとその喜びは人一倍大きいものになるでしょう。


相手の大事にしている心(誇り)をほめる

心をほめる、というのは相手が大事にしている精神的な部分を指します。


伝えるポイント

  • 言葉の選び方
  • 物の捉え方、考え方
  • 人との接し方

精神が行動や発言に現れている部分をほめましょう。


これも、先ほど「相手に見せない部分」をほめるという技術です。

言葉や接し方は見ために現れますが、そこをちゃんと見つけてほめてくれる人はなかなかいません。

そこを見つけてほめることで、「自分の大事にしている部分をこの人は見てくれている」と好感を持ってもらえます。


「〇〇さんって、やさしい言葉遣いするよね。聞いてて心地いいなぁ。」
「〇〇くんって率先してお年寄りに席を譲るよね。そういうとこ好きだよ。」


性質が違う言葉を組み合わせてほめる

「ひまわりみたいな笑顔だね」
「静かでおとなしいのにキラキラ輝いてみえる」

意外な組み合わせの言葉でほめられると、なぜか嬉しいんですよね。


その嬉しさが、どこから来るかというと「自分だけの特別感」だと思います。

誰でも、自分だけにしかない魅力やユニークさを言われると、特別な存在のような気がしてくるんです

それが、喜びにつながっています。


なに、それ!?もっと聞きたいんだけど!?って食いついてきたらバッチリですね!

そういう一風変わった視点でほめることができれば、より親しい関係が築けます。

伝えるポイント

その人にしか当てはまらないような、特別な言葉でほめる


毎日意識して相手を「ほめよう」

もう一度、6つのコツをおさらいしておきます!

ほめ方の6つのコツ!

  1. パッと見て印象に残った部分を、すぐほめる  
  2. 相手の気づいていないギャップをほめる
  3. 人生の転機を迎えている人には敬意の言葉を
  4. 影響力がある人には、その人のおかげで変わったことを伝える
  5. 相手の大事にしている心(誇り)をほめる
  6. 性質が違う言葉を組み合わせてほめる


息をするように「ほめる」ことができるようになるためには、毎日の訓練が必要です。

相手が喜ぶポイントは、

ほめるポイント

  • 周りに見せていない部分
  • 大切にしているもの・こと
  • 相手が気づいていない部分
  • その人にしかない部分
  • 相手のこだわり

です!

相手のことをしっかりと見て、その人の魅力を素直に伝えると、自然といい関係を築くことができるでしょう!

-ライフスタイル本, 人生

Copyright© HATACHI Careers [ハタチキャリア] , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.