おすすめの本 仕事

【まとめ】「コンサル一年目が学ぶこと」はプロとしての在り方を思い出させてくれた。

ヒナ
コンサルで学ぶことって他の仕事でも活かせるの?
むしろ、コンサルは全ての「仕事の基本」にあたる部分がガッツリ学べる仕事だと思うよ
ユウスケ

「コンサル一年目が学ぶこと」は、アクセンチュアでコンサルティングを学んだ後に独立して、現在もコンサルタント業務に従事されている、大石哲之さんによって書かれた本です。


ずっと、コンサル業界の第一線で活躍している人です。


「コンサル一年目が学ぶこと」では、

「職業問わず、業界問わず、15年後にも役立つ普遍的なスキル」を「社会人一年目で学ぶような基礎的なレベル」から学べます。


私はこの本を読んだ時、大学院生の頃に先生から、

「研究者として、中途半端な仕事はするな」

と、怒られたことを思い出しました。


「プロフェッショナル」とは、どういうものか、どのように仕事に向き合うべきか、を再認識することができました。


本記事では、「コンサル一年目が学ぶこと」で紹介されている30のスキルから、私が伝えたい10のスキルを紹介します!

こんな方におすすめ

  • 大学院で研究をしている方
  • これから社会人になる方
  • 仕事を通して成長したい方


「コンサル一年目が学ぶこと」で伝えたい10のこと

今回伝えたいことは、この10こです!

  1. 結論から話す
  2. 数字とロジックで語る
  3. 相手に理解してもらえるように話す
  4. 上司の期待値を超える
  5. 「考え方を考える」という考え方
  6. ロジックツリーを使いこなす
  7. 常に自分の意見を持って情報にあたる
  8. 最強パワポ資料作成術
  9. 喋らないなら会議に出るな
  10. 時間はお金と認識する


結論から話す

これは、どの仕事でも重要です。


結論から話すことで、「短い時間で相手に必要なことを伝える」ことができます。

だらだらと話すと、何が言いたいのか相手には伝わりません。


相手に伝えるときは、「PREP法」を使って話ましょう。

Point:結論
Reason:理由
Example:具体例
Point:結論の繰り返し

P:私はピザが好きです!
R:なぜなら、色々な具材が楽しめるから飽きない!
E:トマト、モッツアレラチーズ、バジルの定番マルゲリータや、ホタテやエビを使ったシーフードなど多くの種類がある!
P:だから、ピザは最高


普段話す時も、質問に答える時もPREP法で話すと、いい練習になりますよ!


ヒナ
私もよく思いついたことから話しちゃって、注意される…
そんなときは「1、2分考える時間をください」って言って、頭を整理するといいよ!
ユウスケ


数字とロジックで語る

数字とロジックは万国共通です。


数字とロジックさえ正しければ、

  • 1年目が経験豊富なクライアントと対等に話せる
  • 国内外、文化の違い問わず、コミュニケーションができる

あらゆる人とコミュニケーションをとることができるようになります。


私も、海外の教授と英語でディスカッションする機会がありました。


そんなとき、私の拙い英語は役に立ちませんでした。

伝わってたのかすら分かりません。

役に立ったのは、パワポのスライドに書かれた結果の数字とロジックでした。


数字とロジックさえあれば、お互いの考えは伝わります。


経験の浅い若手こそ、数字とその根拠(論理)を大事にしましょう!


相手に理解してもらえるように話す

これは、大学院でもかなり口すっぱく言われたことです。


自分と相手の常識は違います。

そのため、自分の中では「当たり前」のことでも、一つ一つ丁寧に分かりやすく話しましょう。


目安は、「中学生でも分かる言葉」で話すことです。

本書のなかで紹介されているのは、こちらです。

  1. まず、論理の組み立てを、「相手は何も知らない」という前提で考える
  2. 相手の理解度を推し量りながら、話す
  3. 相手の仕草を観察して、理解度を察知する

簡単ではありませんが、相手の状況に合わせて、話すペースを変えられるとベストですね!


理解していないシグナル

  • こちらが資料をめくって次に進んでも、まだ前の資料を見ている
  • こちらを見ずに、隣の人の顔を見ている
  • 「だいたいわかりました」「おおよそわかりました」など、曖昧な返事をする


ヒナ
私、わからない時は「何を言っていいかわからない」から無言になっちゃうなぁ
無言もまた、理解していないサインなんだね
ユウスケ


相手の期待値を超える

「ビジネスをする上で一番大事なものは何か?」


この質問を多くのコンサルタントに質問してみたところ、全員一致で

「相手の期待を超え続けること」

と答えたそうです。


相手が何を、どのレベルまで期待しているかを見極め、絶対に外さない。

そして、相手の期待値のちょっと上を常に達成していく。


これは、ビジネスだけでなく、全てにおいて大事なことです。

  • TwitterやInstagramで人気になりたい
  • 好きな人に振り向いて欲しい
  • みんなから一目置かれる存在になりたい

誰かに「認められる」ためには、相手の期待を超える必要があります。


「あの人ってここまでやってたんだ!?」

そう思わせたら、あなたの評価はうなぎ登り間違いなしです!


ヒナ
眼鏡外すと、急に美人になる子は最強ってことだね!!眼鏡買いに行こ!
ギャップも一種の期待値越えだよねー
ユウスケ


「考え方を考える」という考え方

仕事を進めるときには、いきなり作業!

ではなくて、「考える」ことから始めましょう。


答えを出すための「アプローチ」、「考え方」、「段取り」を考えてから上司や相手先に合意を取ったのちに作業を始めます。

そうすることで、より効率的に仕事を進めることができます。


家を建てるにしても、設計図もなしにいきなり大工に頼んでしまったら、大工の気まぐれハウスができてしまいます。

気まぐれで一生物の家を作られても困るので、

  • デザイン
  • 設計図
  • 工程表

などをあらかじめ施主と相談する必要があります。


このように、前もって「答え」を出すためのルートを提示することで、相手との齟齬も無くなりますし、作業量の見積もりもしやすくなります。


  1. まず、大きな設計図を示し、手順についての合意を得る
  2. 手順に基づいて、細部の作業を進める

仕事は、この手順で進めましょう。


ヒナ
手順を示してくれると、相手も安心して仕事を任せられるもんね!
見当違いのものを出して、やり直しをさせられたら最悪だよ…(経験者)
ユウスケ


ロジックツリーを使いこなす


コンサルで学べることといえば、

  • ロジックツリー
  • 構造化
  • 問題解決手法

といった、ロジカルシンキングや問題解決の手順です。

この中でも、視覚的に分かりやすいロジックツリーから学ぶことをおすすめします。


ロジックツリーとは

ロジックツリーとは、問題をツリー状に分解することで、原因や解決法を探すためのツールです。


ロジックツリーを身につけることには、4つのメリットがあります。

  1. 一生使える
  2. 全体が俯瞰できるようになる
  3. 捨てる能力が身に付く
  4. 意思決定のスピードが上がる

どの選択肢を選べば、効果的に問題を解決できるのかが可視化されるので、結果的に仕事が早くこなせるようになります。


ロジックツリーの基本は、コンサルティング会社に入らなくても本などで学べます。


参考図書

本書内で参考図書になっている、ロジックツリーなどの問題解決手法を学ぶ上で役立つ本を紹介します。


「イシューからはじめよ」はレビュー記事がありますので、良かったら参考にしてください!

書評
【まとめ】「イシューからはじめよ」はプレゼンに役立つ本だった

続きを見る


常に自分の意見を持って情報にあたる

20代の若い人ほど、情報を集めるだけで満足している人がいます。

  • 年間100冊の本を読んだ!
  • 新聞を毎日読んでる!
  • 毎日ニュースサイトをチェックしてる!
  • 有名な人のツイッターをフォローしてる!

情報を増やすのは、とても良いことです。


しかし、情報量を増やしたからといって、ビジネスの能力は上がりません。


ビジネス能力を向上させるのは、情報量ではなく、考えること

考えることとは、自分の意見を持つことです。


情報に接するたびに、自分の意見を考えながら読みましょう。


本書で紹介されている「自分の意見を持つ方法」は、

答えを知る前に、1分だけ自分で考える時間をつくる

ことです。


自分の意見があるからこそ、学ぶことができます。


考えないと、情報を鵜呑みにするしかできなくなります。

正しいか、間違っているかさえも学べないのです。


自分の意見が持てるようになると、

「この結論はおかしい、根拠がない」
「その分析は一方向からしかしてない、偏っている」

など、考える力がつき、ビジネスの能力が上がります。


最強パワポ資料作成術

パワーポイントによる資料作成の技術は、仕事での評価を左右するほど大事な技術です。


パワポ作成技術で求められるのは、

  • 論理・視覚ともに、わかりやすく作る
  • 作成に時間をかけない

この2つです。


相手にわかりやすく伝えるのはもちろんですが、パワポ作成を短時間で終えるのも大切な技術です。


これは「手を抜く」という意味ではなく、「迅速に完成させる」ということです。

パワポにかける時間よりも、分析や調査など「考えること」に時間をかけた方が、いい結果が出せるからです。


コンサル流のパワポは、

  1. シンプルイズベスト
  2. ワンスライド・ワンメッセージ

が基本です。

これは、私の仕事である研究の分野でも同じです。


一枚のスライドで伝えることを一つだけに絞ることで、圧倒的にわかりやすくなります。

一枚のスライドには「根拠となる数字や事実 + 自分の主張・解釈」をセットにして作ります。


わかりやすい以外にも、ワンスライド・ワンメッセージには、次ようなメリットがあります。

  1. 聞き手が楽
  2. 相手の理解に応じて、スライドを飛ばすのも簡単
  3. 差し替えや再利用が簡単


パワポの技術があると、取引先や上司からも評価が得られやすいので、磨いておきましょう!

プレゼン技術
いいプレゼンに必要な15個のコツ!スライドの作り方や構成について。

続きを見る


参考図書

本書内で参考図書になっている、パワーポイントを学ぶ上で役立つ本を紹介します。


喋らないなら会議に出るな

コンサルティング会社の価値観は、

「会議で発言しない人の価値はゼロ」

だそうです。


会議に出て発言しないのは、テレビに出演して喋らないゲストと同じで、価値はゼロ。


これは、黙っていては何も生み出せないからです。


間違ったことを言うのは怖いかもしれません。

というか、私も怖いです笑


でも、つまらない・間違った意見でも、自分なりに考えて何かを言った方が、いいんです。

社内会議であっても、参加している間は人件費が発生しています。


自分の時間単価に見合った仕事をしているのか」という意識が、プロフェッショナルを形作るんだと思います。


ヒナ
きびしぃ〜!!でも、自分にかかってるお金を意識するのは大事かも
まぁ、会議で好きなこと言えた方が楽だし、好きに仕事出来そうだから話すキャラになった方が得しそうだよね
ユウスケ


時間はお金と認識する

Time is money.

学生の時は全く意識しませんでしたが、社会人になってからは、働いてお金をもらう生活が中心になるので意識させられました。


プロフェッショナルとそうでない人の違いは「責任感」だと思うんです。


営業の外出先で時間を潰すのも、楽で気分がいいんです。

でも、その休憩中にもお金は発生してるんですよね。


お金をもらうからには、その対価を払う「責任」があります。

その責任を常に意識しながら、仕事に当たるかどうかでプロとの差が生まれます。


これは、休憩をしてはいけないとか、無駄なことをしてはいけないとかの話ではありません。

最低限、「自分がプロフェッショナルであるように振る舞う」のが大事ということです。


無駄骨を折っても、ミスっても、非効率でもいいんです。

プロとしてコスト意識をもって、今のスキルで最大限の努力を示す。


時間が経つほどに、あなたの能力は上がっていくでしょう。


ヒナ
お金が常に自分にかかっているって考え方、いいよね
大学に通ってる時にも1コマいくらお金がかかってるか計算すると、サボれなくなるよ
ユウスケ


仕事も大学院での研究もプロであることを意識する

ヒナ
コンサルで学ぶことって、どこにでも役に立ちそうだよね
コンサルは企業の問題を解決に導く仕事だから、どの業界でも必要な力が養われるんじゃないかな
ユウスケ


「コンサル一年目が学ぶこと」では、今回紹介したものの他にも、コンサル流の

学べること

  • 話す技術
  • 思考法
  • デスクワーク術
  • ビジネスマインド

を多く学べる本です。


仕事全般につながることが書かれているので、気になった方はぜひ一読ください!


 

月額980円でビジネス書や雑誌・マンガなど、200万冊以上の本が読み放題!

30日間無料で読み放題を体験することができます。無料体験中に解約した場合、一切お金はかかりません。

解約も3ステップですぐにできます。

あなたも、スマホやタブレットで
「いつでも・どこでも」
本を楽しんでみませんか?

\読むことができる本たち!/

30日間の読み放題無料体験をはじめる

 

Designed by macrovector / Freepik

 

-おすすめの本, 仕事

Copyright© HATACHI Careers [ハタチキャリア] , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.