おすすめの本

苦手でも文章力が鍛えられた本6冊。1年ブログを書き続けた私のオススメ。

このブログも始めてから、約1年が経過しました(現在2020年5月)。

はじめは「どんな文章だとわかりやすいのか」と悩みながら、あーでもない、こーでもないと四苦八苦する日々でした。

現在では悩みつつではあるのですが、最初の頃よりは少し余裕が出てきたと思います。


今回は、1年間文章を勉強してきた私が「これは良き…!」と感じた、オススメの文章術の本を紹介します!


魅力的な文章には、分かりやすい語法だけでなく、相手が読みたくなるような「伝え方の工夫」がいたるところにあります。

私はまだできませんが…!!笑
ユウスケ


多くの方に読んでいただけるブログを目指して、魅力的な文章を書けるようになりたいですね!

それでは、さっそくいきましょう!


ブログ初心者が文章力を鍛えるために読んだおすすめの本6冊

1年間、色んな本を読んできて「勉強になるなぁ」と感じた本はこちらです。

  1. 伝わる文章の書き方 高橋廣敏
  2. キャッチコピー力の基本 川上徹也
  3. 人を操る禁断の文章術 DaiGo
  4. 20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健
  5. 沈黙のWebライティング 松尾茂起
  6. 新しい文章力の教室 唐木元 

正しくわかりやすい文章の基本から、ブログなどのWebサイト用の文章術まであるので、それぞれ簡単に紹介していきます!


伝わる文章の書き方 高橋 廣敏

ポイント

  • 伝わる文章の基本中の基本が学べる

  • 一週間で読み終えるように全7章で構成されていて、取り組みやすい

おすすめの人:文章の基本から学びたい人


著者は代々木ゼミナールで現代文・小論文の講師をされていた方です。

本書では「文章における93のルール」が7つの章にまとめられ、1日1章ずつ学ぶことにより、1週間で「相手に伝わる文章の書き方」が習得できるようになっています。


93のルールには、

  • 正しい文章の書き方
  • 文章におけるタブー

が多くの例文とともに解説されているので、基本をマスターするにはこの本1冊で十分です。

文章に悩んだ時の辞書代わりに使っています!
ユウスケ



キャッチコピー力の基本 川上徹也

ポイント

  • 相手の興味を惹きつける「キャッチコピーテクニック」が満載

  • どれも読んですぐに使える、実用性が高い例文

おすすめの人:相手の心に残る、インパクトのある文章を書きたい人


この本を読むことで一番恩恵を受ける部分は、やはり記事のタイトルじゃないでしょうか。

私がこの本を手に取ったのは、もっと人を惹きつけるようなタイトルを付けられるようになりたいと思ったためです。


この本は、シンプルでも力強い文章表現をするためのテクニックが77つも紹介されています。

実際に雑誌や企業の広告で用いられたキャッチコピーを例に出して、その良さを詳しく解説されているので、自分の頭に落とし込むのが楽でした。

ブログだけでなく、プレゼンや日常会話にも使える表現ばかりなので、読んで損はない一冊です
ユウスケ



人を操る禁断の文章術 DaiGo

ポイント

  • 人の心と行動を操るメンタリストDaiGoが文章の力を解説

  • 相手の行動を誘導するための「文章の書き方」を紹介

おすすめの人:イチオシの商品やサービスを売りたい人


文章は読みやすいのも大事ですが、それだけでは不十分です。

読みやすいに加えて、相手の心に響き、行動を促すことができる文章が求められます。


本書では、相手の心を響かせるノウハウが分かりやすく解説されています。

この本を読むことで、魅力的な文章を書く人がどのように考えて書いているのかが分かります。

「自ら積極的に発信をしていきたい!」と考えている方は、この本をオススメします!
ユウスケ



20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健

ポイント

  • 自分の気持ちを「言葉だけで」伝えるノウハウ

  • 文章のリズムや構成、読者の引きつけ方、文章の校正を学べる

おすすめの人:話せるのに、文章になると書けない人

著者の古賀史健さんは、「嫌われる勇気」の共著者としても有名な方で、15年以上ライターとして活躍されています。

【嫌われる勇気】アドラー心理学に学ぶ、恋愛における大切な3つのこと


本書は、文章がうまくなるための本ではなく、

文章が苦手で「話せるのに、書けない」という方の悩みを解決する本です。


こう聞くと「あ、初心者向けの内容ね」と、敬遠してしまうかもしれません。

しかし、その内容はユニークで興味をそそられる内容で溢れかえっています。

  • 文章のカメラワークを考える
  • ”面倒臭い細部”を描く
  • 目からウロコを何枚落とすか

これらは本書中に出てくるトピックを抜粋したものです。

ユニークさを交えながら、今まで思いつきもしなかった文章の書き方が、詳しく解説されています。


「絶対に苦手を克服させてやるぞ…!!」

そんな著者の本気が伝わる一冊でした。

私も20歳の頃に読みたかったです…!
ユウスケ


電子書籍がないのがネックですが、Audible対応なので紙媒体が嫌な方は耳で読めます。


沈黙のWebライティング 松尾茂起

ポイント

  • ストーリー形式で学べるSEOライティングノウハウ

  • 文章だけでなく、SEOにおける考え方も学べる

おすすめの人:ブログなどのオウンドメディアを運営している人

表紙からぶっ飛んだイラストが入ってるんですけど、内容もぶっ飛んでます。

最強のWebマーケッターであり、超人もであるボーンがライティングで悩む人を助けるストーリー形式で話が進みます。


その内容は、実際に悩みを抱えている人が多くいる問題について扱っているため、現在オウンドメディアを運営している方に深く刺さります。

初めて読んだ時には、「このブログやばくね…?」と焦ってテコ入れしました
ユウスケ


  • SEOを意識したコンテンツの作り方
  • USPの活かし方
  • バズにつながるコンテンツの作り方

など、インターネット上で生き残るための文章術を教えてくれます。



新しい文章力の教室 唐木元

ポイント

  • 月に3000以上の記事を配信する、ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」の文章術

  • 「完読」されることを突き詰めた文章テクニックが学べる

おすすめの人:ライターとして1日5本、10本記事を書けるようになりたい人

本書はニュースサイト「ナタリー」で編集長を務めてきた唐木元さんが目指す、「完読される文章」を解説しています。

文章をいくら長く書いたとしても、読まれなければ意味がありません。


「どうすれば、最後まで読んでくれるか」

このことについて突き詰めた本は、今まで読んだことありませんでした。


内容は非常にシンプルで、捻った裏技というより王道のテクニックを詰め込んだ一冊です。

  • 書く前の準備
  • 校正・推敲の仕方
  • 読者の負担をなくす文章の書き方
  • 読んでもらう工夫

読者目線で文章を書くためのノウハウを、77のトピックに分けて紹介されています。

すっと頭に入るような読みやすい文章を書きたい方に、手にとって欲しい本です!
ユウスケ



文章は実践してなんぼ

本を読んだら、とにかく文章を書きまくりましょう。

魅力的な文章や分かりやすい文章を書く近道は、「書いては修正する」を繰り返すことだと思います。


ブログ始めてから今までに本二冊分、大体20万字ぐらい書いてますが、まだ私の文章力はこの程度です。

一流の文章が書けるように、一緒に頑張っていきましょう!

気になった本はぜひ、一度読んでみてくださいね
ユウスケ

 

月額980円でビジネス書や雑誌・マンガなど、200万冊以上の本が読み放題!

30日間無料で読み放題を体験することができます。無料体験中に解約する場合は、一切お金はかかりません。

解約も3ステップでできるので安心です。

あなたも、スマホやタブレットで
「いつでも・どこでも」
本を楽しんでみませんか?

\読むことができる本たち!/

30日間の読み放題無料体験をはじめる

 

Designed by macrovector / Freepik

-おすすめの本

Copyright© HATACHI Careers [ハタチキャリア] , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.