研究室訪問

貴研究室という表現は正しい?メールでの書き方や話す時の言い方について。

かずや
研究室訪問のメールを送ろうと思うけど、「貴研究室」っていう表現でいいのかなぁ…
僕もそう送ったし、貴研究室で大丈夫だよ!
ゆうすけ

研究室訪問のメールって、一語一語に気を使いますよね…。

私も当時送る時には、「本当に大丈夫かな…失礼じゃないかな…?」って不安になりながら送ったことを覚えています。


結論から言うと、

貴研究室という表現で全然OKです。


私が送った全てのメールで貴研究室と書きましたが、特に指摘されるようなことはありませんでした。

今回は、メールや話す時に使う「研究室」についてお伝えしたいと思います!


研究室訪問の時に送ったメールは全て「貴研究室」と書いた

かずや
本当に貴研究室で大丈夫なの?
大丈夫だよ!僕も全部「貴研究室」で出して、普通に合格できたから問題なし!
ゆうすけ


研究室に「貴」とかつけるの??

って思う方もいるかもしれませんが、「貴研究室」で問題ありません。

小学館が提供する「大辞泉 デジタル版」では、以下のように書かれています。

き【貴】

1 人や人の集団を表す言葉に付いて、身分・位・家柄などが高いことを表す。「貴公子」「貴夫人」「貴族」

2 相手または相手に属する物を表す語に付いて、敬意をもって「あなたの」の意を表す。「貴国」「貴社」「貴研究所」

3[接尾]人を表す語に付いて、年長者などに対する敬愛・親愛の気持ちを表す。「姉貴」「伯父貴」

Weblio辞書 デジタル大辞泉「貴」より引用

例として、研究所が挙げられているくらいですから、研究室でも正しい使用例でしょう!


私が教授にメールを送っていた時にも、貴研究室と書いていましたが、それについて何か注意を受けるようなことはありませんでした。

なので、安心してください。


他で「貴研究室」と使っている公式団体

かずや
実際に多くの人が使っていたら安心できるんだけどなぁ
確かに、僕だけじゃ大丈夫か不安かもね。だから、ちょっと調べてみたよ!
ゆうすけ

やっぱり、「他にも使っている例がないと心配だ」という気持ちもとても分かります。

そんな訳で、きちんとした団体で「貴研究室」と記載している所を探してみました。


特許庁

いや、もうここ使ってたら大丈夫やろ!という所が見つかりました笑

特許庁における「研究者アンケート調査」にて、「貴研究室」という表現が使われています。

日本の行政機関が使っている表現なら、心配しなくて大丈夫ですね。


理化学研究所

日本唯一の自然科学分野における総合研究所である、理化学研究所でも使用されていました。

研究機関の最高峰で使った表現を誰が指摘するのでしょうか。


日本語学者の方ならともかく、研究室の一先生で言われる方はいないと思います。


公益社団法人 日本化学会

こちらは日本における最大の化学学術系組織で、世界でもアメリカに次ぐ2番目の規模の団体です。

日本化学会年会などの学会や、「Chem. Lett.」「BCSJ」など化学系の方ならご存知の学術誌も刊行しています。

日本化学会が行ったアンケートにて、「貴研究室」という表現が使われています。


色々な場所で使われている言葉ですので、使用して「全く問題ない表現」と言えるでしょう。


話す時も御研究室で良いと思うけど、「先生の研究室」「こちらの研究室」の方が言いやすい

かずや
貴研究室が大丈夫なのは分かったけど、じゃあ話すときは「御研究室」でOKなの?
うーん。もちろん、問題はないんだけど、なんか言いづらくない?他の言葉の方が言いやすいかも!
ゆうすけ

メールの時は「貴研究室」で大丈夫ですが、話す時はどう言えばいいのでしょうか。

普通はメールなどの文章なら「貴」、話す時は「御」をつけると言うのが常識です。


でも、ちょっと「御研究室」って言いづらくないですか?


私はもっぱら「御研究室」ではなく、「先生の研究室」や「こちらの研究室」という言葉を使って話していました。

御研究室はあまりにかしこまり過ぎて、親しく話したい時に使いにくかったんです。


その点、上記の表現はとても使いやすかったです。

「先生の研究室では、今はどんなテーマを中心に行なっているんですか?」

「こちらの研究室には、どのような設備がありますか?」

など、頭で考えなくても自然にするっと出せて、かつ失礼のない表現で便利に使えました。

丁寧すぎる表現が苦手な方は、ぜひ使ってみてください!


誠意の伝わる文章であれば、多少間違っていても大丈夫

かずや
ありがとう!これで何とかメールを書けそうだよ
言葉遣いや文章はちょっと間違っていても大丈夫!大事なのは、思いを伝えることだからね!
ゆうすけ

私は大学院を卒業して、もう社会人になりましたが、メールで誤字や脱字などは普通にあります。

普通の人は、間違いをして当然です。


それよりも大事なのは、ちゃんと自分の思いが100%相手に伝わることです。

先生へのメールで、「この研究室で学びたい」という本気の思いが伝わりさえすれば、表現はそこまで大事じゃないと私は考えています。


なので、そこまで思いつめずに心を軽くして文章を書いていきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-研究室訪問

Copyright© HATACHI Careers [ハタチキャリア] , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.