恋愛・結婚

【自分を】恋愛遍歴を聞くと、その人の性格がわかる【分析してみた】

はい、どうもこんにちは、ユウスケですー。

先日、生配信をしていた時に、

「ユウスケとケイの恋愛経験が知りたい☆」

とかいう、プライバシーのカケラもないリクエストをいただいて、

あー、まじかー、嫌やなー、なんてこと言うんやあいつ…。

とプリプリ不貞腐れていたんですが、

腹くくったので、

赤裸々に私の恋愛経験を語りたいと思います☆

はい。

それでですね、何書こうかなーって、過去の恋愛を振り返っていたときに、

過去の恋愛が、今の自分の性格に半端なく寄与しているのでは!!?

と気づきました。

つまり、自分の恋愛遍歴を振り返ることで自分の本当の性格を知ることができる。さらには、相手のこれまでの恋愛遍歴を聞くことができれば、相手の性格をかなり詳しく知れるんじゃないか。

ということです。

これを利用すれば、

  • 自己分析に使える
  • 気になる相手の性格に合わせることができて、自分のことを好きになってもらえる
  • 逆に、好意を寄せてきた敵を遠ざけることができる
  • その人がいい人か悪い人かわかる

こんなことができるんじゃないかと思います。

というわけで、今回は私自身を例として、「私の恋愛遍歴からわかる私の性格」を分析してみました!

みんなも自分の性格を分析してみよう!


私の恋愛遍歴(概要)

まずは、私の恋愛遍歴をまとめてみました。



15歳まではそもそも恋愛に関心がありませんでした。友達とモンハンをする方が楽しかったそんな中学時代でした。

16歳で初めての彼女が出来ました。
相手からの告白で、一度は断ったものの、もう一度想いを伝えてくれて、心打たれた私は付き合いました。

18歳で別れました。原因は進路の違いでした。
私は大学の進学、彼女は専門学校で時間の違いや物理的な距離の違いなどがあり、マンネリしてた時期も相まって別れることになりました。

21歳で彼女が出来ました。
この時も相手からの告白で、その時も私が全力で取り組みたいことがあったので一度断りました。でも、取り組みがひと段落した後、もう一度伝えてくれて付き合いました。

24歳で別れました。原因は価値観の違いでした。
彼女が望む将来と私の望む将来が違ってきていたせいです。また、彼女の気持ちに寄り添うことができずに、相手を疲れさせてしまったのも原因の一つだと思います。

25歳で彼女が出来ました。
この時は私から告白しました。初めての告白だったので、自分でもめちゃダサい感じだったと思います笑
でも、彼女は受け入れてくれました。

25歳で別れました。原因は価値観の違いです。
彼女が望む将来と私の望む将来が違ってきていたせいです。また、彼女の気持ちに寄り添うことができずに、相手を疲れさせてしまったのも原因の一つだと思います。 前と同じですね。反省を全く活かせませんでした。

はい!これが概要です!

この文章からも色んな性格が見えてくると思いますが、これから詳しく分析していきますね!


恋愛遍歴から性格を分析

例として、今回は相手に聞くハードルが割と低い、

付き合うきっかけ別れるきっかけを元に性格を分析をしてみましょう。

付き合うきっかけを分析

付き合うきっかけは相手からの告白と自分からの告白がありましたね。

そこから分析してみるといくつかの性格が見て取れます。


石橋を叩きまくる性格

相手から告白されて付き合ったのが、どれも2回目に告白された時でした。

これは、1度目では相手のことがよくわからないために断りました。

ここから、かなり慎重な性格であると言うことがわかります。


冒険心が強く、とりあえずOKするというよりも、相手の人となりを知った上で、自分に合っているかを見極めているのです。

また、よく考えてからじゃないと行動に移せないということなので、急な対応を求められることが苦手な性格でもありますね。

ちなみに、これは今でも直っていません。

いきなり任された仕事では必ずと言っていいほどミスをします!笑


積極的ではない受け身の性格

告白されるということは、告白されるまでの仲になっていることが多いです。やはり、勝機があって初めて告白という行動に移す人が多いと思います。

そんな、お互いに好意があることがわかってるのに、相手が告白するまで自分から気持ちを伝えなかったので、受け身な性格であることがわかります。


受け身な性格というのは、言い換えると相手に合わせる性格ということです。

協調性が高いと言えるかもしれません。


努力できる性格

積極的ではない私ですが、25歳で付き合った時は自分から告白しました。

これは、それまで受け身だった自分が嫌で、積極的になろうと努力した結果でもあります。

つまり、自分を変えようと努力することができる性格であると言えます。


なかなか、年齢を経てくると変わろうとする人が少なくなってきますが、私はより良い自分になろうと思って、変われることはなんでも頑張ろうとしています!

なかなかできませんけどね笑

挫けながらも徐々に前に進んでいこうと思います。


別れるきっかけを分析

続いて別れるきっかけから性格を分析してみようと思います。

▼失恋は辛いですが、立ち直る方法を知ることで前に進むことができます。▼


自分の道を進む性格

18歳の時の別れた理由は進路の違いが主でした。

ここで、私は彼女の行った専門学校とは全く別の場所にある大学に進学しました。理由は、自分の学びたい分野があったことと、自分の学力で狙える最高の大学に行きたかったからです。

彼女の進む進路の近くの大学に行く選択肢ももちろんありましたが、自分の行きたい道に進みました。

そのため、人に流されない性格であると言えます。


良くも悪くも芯を持っているということだと思います。

これが、悪い方向へ行くと、これからの彼女と別れる原因にもなっています。


意見をはっきり言う性格

24歳で彼女と別れた原因は価値観の違いでした。

私が相手の気持ちを汲み取ることができず、自分の意見を言ってしまうのが相手へのプレッシャーにもなっていたようです。

男性の会話は議論、女性の会話は共感で進みます。


特に、研究者の会話は顕著で、お互いに意見を言い合って結論へ持っていくことが多いです。

この時の私の会話も、話の結論や解決策を出そうとするような会話になっていたので、相手としては辟易していたと思います。

そのときは気づきませんでした。

今でも、職業は研究者なので自分の意見ははっきりと伝える性格です。

不器用な性格

最後に、25歳で別れた原因は24歳の時と同じ理由でした。反省を活かせていません。

同じ過ちを繰り返してしまう、不器用な性格です。


努力ができる性格なので、改善しようとしましたが、不器用なので一度では直すことができなかったのです。

3度目の正直という言葉を胸に、次の恋を頑張りたいと思います!


性格を分析して、理想の相手を見つけよう

今回は、過去の恋愛経験から見えてくる性格を分析してみました。

私の性格は、

・石橋を叩きまくる
・積極的でなく、受け身
・努力できる
・自分の道を進む
・意見をはっきりと言う
・不器用

こんな結果になりました。割と当たってると思います。笑
私の知り合いの人は、当たっているか教えてください!

恋愛は、理想の相手を見つけるためのものです。誰も居心地の悪い人と一緒にいたいとは思いませんからね。

そのため、恋愛における行動には、自然とその人の本当の性格が現れるのだと思います。

自分の、もしくは相手の恋愛遍歴を分析してみると、あなたの本当の性格に合う人が見つけやすくなるかもしれません。



というわけで、私の恋愛遍歴でした!笑

リスナーさん、これでいいですか!さようなら!怒

-恋愛・結婚

Copyright© HATACHI Careers [ハタチキャリア] , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.