就職活動

【徹底比較】OfferBoxとキミスカの違いを詳しく解説!あなたに合うサービスはどっち!?

ヒナ
OfferBoxとキミスカってどう違うの?
企業数や企業規模、適性検査とか色々違っているから一緒に見てみよう!
ユウスケ

会社から直接あなたにスカウトが来る逆求人型サービス。

その中でも特に有名な、
OfferBox(オファーボックス)」と「キミスカ」について徹底比較してみました!

この2つの違いを簡単にまとめたものが、こちらになります。

サービス
OfferBox
キミスカ
登録者数
125000人
90000人
企業数
7850社
300社
企業規模大手、中小、ベンチャー中小、ベンチャー
強み東証一部企業の34%が利用企業との直接マッチングイベント
適性検査偏差値形式、自己PRが作れる点数形式、嘘を見抜く項目がある


大手企業や上場企業を狙っている方は「OfferBox

いろんな企業と直接会っていきたい方は「キミスカ

を選ぶといいです!


もちろん、妥協せず万全を期して就活を戦いたい!という方は、どちらも使ってより自分の希望にあった会社を探すのもアリです!

これからそれぞれの違いについて、詳しくご紹介します。



OfferBoxとキミスカを徹底比較!

OfferBoxキミスカの違いは、

  • 登録学生数
  • 企業数
  • 企業が送れるオファーの数
  • 適性検査の方法
  • イベントの有無

など数多くあります。

ヒナ
違いがあり過ぎてどっちがいいのか迷うね…
自分に合う方を見つけるために1つ1つ見ていこうか
ユウスケ


登録学生数はOfferBoxの方が多い

より多くの就活生がしているサービスの方が、安心感を感じる方も多いと思います。

どちらも多くの人が利用していますが、2020年現在、登録学生数はキミスカよりOfferBoxの方が多いです。

  • OfferBox:125000人
  • キミスカ:90000人
就活生は約40万人だから、3人に1人は利用しているみたいだよ
ユウスケ
ヒナ
ええっ!?そんなにメジャーなんだ…!

HR総研が2021年卒の就活生を対象に実施した「最も利用した就職ナビ・逆求人サイト」の調査の結果では、逆求人サービスでは「OfferBox」が3年連続No.1になっています。

なんと、全体でもマイナビ、リクナビ、ONE CARRERに次いで4位なんです!


ちなみにキミスカも就活生の4人に1人は利用していて、逆求人サイトでは2位、全体でも9位と上位なので、どちらも安心して利用できるサービスと言えます。


利用企業数もOfferBoxに軍配があがる

企業数が多い方がいい会社に出会える可能性は上がります。

利用している企業数を比べると、OfferBoxの方が多いです。

  • OfferBox:7850社
  • キミスカ:300社

OfferBoxは企業の多さだけでなく、大手企業も数多く利用しています。

経済産業省、資生堂、マイクロソフト、日産、GREE、JCB などなど


そのため、大手を目指す方はOfferBoxの方がおすすめです。


東証一部上場企業のうち、34%にあたる756社が利用しているから自分の目指す会社もあると思うよ!
ユウスケ
ヒナ
私の第一志望の会社に見られているって思うと、チャンスかも!!

より社会人として成長できるチャンスが多くある、中小企業やベンチャー企業を目指す方にとってはキミスカも力強い味方になります。


オファーの貴重さはキミスカが一歩リード!

OfferBoxでは、企業は1ヶ月につき100通まで学生にオファーを送ることができます。

一方でキミスカは100通以上送れるものの、企業のオファーの本気度合いが分かるシステムになっています!


具体的には、本気度に応じて「プラチナスカウト」、「本気スカウト」、「気になるスカウト」に分かれています。

  • プラチナスカウト 30通/月
  • 本気スカウト 100通/月
  • 気になるスカウト 無制限

なんとプラチナスカウトはひと月30通しか送れません…!

そのため、プラチナスカウトをもらった人は企業にとって本当に欲しい人材ということになります。


企業の本気度や自分の市場価値を知りたい方は、キミスカをおすすめします!

プラチナスカウトはひと月30通で年間でも360回しか送れないんだ…
ユウスケ
ヒナ
90000人の中から360人しか選べないなんて、めちゃくちゃ本気だね!


適性検査は一長一短で引き分け(どっちもいい)

適性検査はどちらも力を入れていて、一概にどちらが良いとは言えませんでした!

本当に好みだと思います。


OfferBoxの適性検査「AnalyzeU+」

OfferBoxの適性検査「AnalyzeU+」は、次の2つの能力を偏差値で表してくれます。

  • 社会人基礎力
    (前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)
  • 次世代リーダー力
    (やり続ける力、周囲を牽引する力、高め合う力)


また、特徴としては以下の通りです。

  1. 問題数が他のサービスと比べて多い(251問)
  2. 偏差値で表示されるので、相対的な実力がわかる
  3. 診断結果のアドバイスから自己PR文を作成できる

より詳しく自分の適性を調べたい方はOfferBoxがいいでしょう。

\「AnalyzeU+」を詳しく解説!/

「適性診断AnalyzeU+」について社会人が詳しく解説してみた【OfferBox】


キミスカの適性検査

キミスカ適性検査では、150問の質問に答えることで、次の9つの項目を分析してくれます。

  1. 性格の傾向
  2. 意欲の傾向
  3. 思考力の傾向
  4. ストレス耐性
  5. 価値観の傾向
  6. 職務適性
  7. 戦闘力
  8. 虚偽回答の傾向
  9. 人物像及び人材活用に関するコメント

他の適性検査と大きく違うのは、「虚偽回答の傾向」を知れることです。


やっぱり、自分をよく見せたいという気持ちはみんな持っています。

しかし、よく見せたいと思うあまりに本当の自分とは異なる選択をしてしまい、回答に一貫性がなくなることがあります。

自分に嘘をついていないか、その傾向を分析してくれるのが「キミスカ適性検査」です。


これまで答えてきた回答は本当に自分の本心かどうか、その答えが知りたい方はキミスカで試すのをおすすめします!

\「キミスカ適性検査」を詳しく解説!/

キミスカ適性検査は嘘を見抜く!みんなの評判と実際に利用した感想!


適性検査は自分の能力を客観的に見れるから、企業選びや自己PRを作るのに役立ったなぁ
ユウスケ
ヒナ
友達と一緒にするのも楽しそうだね


他にも比べられない良いところがある

OfferBoxもキミスカも他にも多くのいい点があり、比べられない部分もあります!

比べられない部分をそれぞれ分けて紹介します!

OfferBox

  • メーカー、IT、サービス業に強い
  • アスリート向け、グローバル向け、Ph.D向けと専門的なサービスもある
  • プロフィールは写真、動画、研究スライドなども入れられるので自分を自由に表現できる

キミスカ

  • 企業と学生が実際に会えるイベント「キミスカLIVE!」がある
  • 無料で就活コンサルタントに相談できる
  • 選考状況をアピールでき、他の企業でいいところまで進んだ実績があれば、スカウトが来る

これまで比べてきた中で、より気になる方を試してみましょう!


オファーを多くもらうにはどうすればいいか

ヒナ
多くの会社からオファーをもらうためにはどうすればいいの?
まずは、相手に読みやすく伝える工夫をしていこう!
ユウスケ

ここからは、オファーをもらうために必要なことをご紹介していきます。

  1. プロフィール作成に全力を費やす
  2. 自己分析をして自分の強みを押す
  3. 数で攻めるのもアリ

プロフィールはみっちり埋めよう!

逆求人型の就活サービスは、企業の人事に「いかに自分を魅力的にみせるか」が大切となってきます。

簡単にできる方法は、プロフィールをギチギチに埋めて熱意をアピールです!


実際にOfferBoxが公表しているデータとして、プロフィールを埋める度合いによって届くオファーの数が違うことが分かっています。

プロフィール入力率 ‥‥  オファー数
60〜69% ‥‥ 5.2通
70〜79% ‥‥ 9.0通
80〜89% ‥‥ 13.6通
90%以上 ‥‥ 24.6通

プロフィールを埋めるだけでも、こんなに違うなら埋めるしかないですよね!


自己分析をして、自分のアピールポイントを明確に伝えよう!

私の失敗の一つとして、「自分の強みが正確に把握できていなかった」ことが挙げられます。

見るからに声小さくて元気なさそうなのに、「アピールポイントは元気の良さです!」って言っても見抜かれます笑

そんな風に的外れなことをアピールしていたせいで、初めの方はESも面接も落ちまくりました。


しかし、本当の強みに気づいてからは選考がどんどん進むようになりました。

あなたにピッタリ合う強みは必ずあります。


それを知るためにも、自己分析はしっかり行った方がいいです!


数で攻めるのも一つの手

一つ一つの企業に対してしっかり自己PRやエピソード、将来のビジョンを練って就活するのはもちろん素晴らしいことです。

それで内定を決められれば一番ですが、不安な方もいると思います。


そんな時は、数で攻めるのも一つの手です。

OfferBoxやキミスカのような逆求人型サイトの便利なところは、プロフィールを埋めておけば相手からオファーが来ること。


見る手間は増えますが、多くのサービスを利用して数を確保するのも立派な戦略です。

主な逆求人サイトを以下にご紹介しておきます!

ヒナ
よーし!とりあえずプロフィールを全力で取り組むよ!
それだけで全然就活が変わってくるから、1番にやろう!
ユウスケ


数のOfferBox、質のキミスカ。自分に合う方を選ぼう。

就活の仕方に正解はありません。

数で押そうが、質で選ぼうが行きたい会社の内定がでればOKです!


大手狙いで多くの会社に自分を見て欲しい!という方は「OfferBox」が合っています。

主体的な仕事をしやすい中小企業狙いで、実際に企業の方とイベントなどで話していきたい方は「キミスカ」が合っています。


サイトの使いやすさも確かめたい方は、一度どちらも試して合いそうな方を選びましょう!


-就職活動

Copyright© HATACHI Careers [ハタチキャリア] , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.